【絵本棚の通販 人と木】子どもがよろこぶ手づくり絵本棚のお店

ホーム / 読みもの:人と木コラム / 人と木の絵本屋さん / 『ふうとはなと たんぽぽ』

手づくり絵本棚 人と木の絵本紹介『ふうとはなと たんぽぽ』

[絵本 33]名前に込められた意味

 2018年3月1日(木)

『ふうとはなと たんぽぽ』
いわむらかずお 作
童心社

[絵本]ふうとはなと たんぽぽ1

いやー、ほんと、寒かったですねぇ、この冬は。
日本海側の豪雪はあるし、インフルも大流行だし、
なんだかんだと大変な冬だったように思います。
ぼくもそうですが、いつもの年以上に強く、
一刻も早い、春の訪れを願った方々も多いことでしょう。

3月になり、三寒四温の毎日がやってきます。
前に天気予報で説明していましたが、この「三寒四温」。
気温がきれいに上昇していくのではなく、
一週間ごとに、
寒い日が5日、暖かい日が2日、

寒い日が4日、暖かい日が3日、

寒い日が3日、暖かい日が4日・・・といった具合に
その比率が少しずつ逆転していくんだそう。

だから、寒い日は「マジで寒い冬のまま」だったりしますから
春先というから安心せず、
みなさん、お気をつけくださいね。

さてさて、春の兆しを告げる兆しの一つに
植物の開花があります。
さまざまな花が咲き始める姿は、とても嬉しい光景ですよね。
「たんぽぽ」もその一つです。



[絵本]ふうとはなと たんぽぽ2

今回、ご紹介するのは、その「たんぽぽ」の花と
野うさぎの兄妹「ふう」と「はな」の出会いの物語です。
作者は、絵本作家の「いわむらかずお」さん。
一番有名な作品は「14ひきのシリーズ」、やさしいタッチのイラストでおなじみです。



[絵本]ふうとはなと たんぽぽ3

「ふう」と「はな」は、野原へ遊びにいきたくて仕方がありません。
お母さんの許しを得て、野原に向かいます。

「だれかが きたら、くさのかげで、じっとしているんだよ」とお母さん。
二人は、どこまでも広がる青い空の下をかけていきます。
ともに、空のにおいをかぎます。
そして、黄色い花たちと出会うのです。



[絵本]ふうとはなと たんぽぽ4

黄色い花に見とれる二人。
妹の「はな」は「はなって すてきな なまえ」とつぶやきます。

何かがやってきて、お母さんのいいつけを守って隠れる二人。

すると、それは飛んできた昆虫たちでした。
自分たちが活動することで
花に「あたらしい いのちをうむんだよ」と話してくれます。

昆虫たちが、介在することで、新しい命を生み出す植物たち。
命の誕生の意味を、やさしく教えてくれる絵本なのでした。



[絵本]ふうとはなと たんぽぽ5



[絵本]絵本棚 そして、そんな『ふうとはなと たんぽぽ』を収納するのにちょうどいい絵本用ラックが
人と木の「表紙が見える絵本棚シリーズ」です!
絵本の表紙見せ3段モデルの絵本棚は、Sサイズ(幅50cm)・Mサイズ(幅70cm)・Lサイズ(幅90cm)サイズのバリエーション豊富な絵本棚です。
3段モデルのヒノキの絵本棚はワンサイズ(幅64cm) で素材にこだわり国産ヒノキを使用した絵本棚です。
絵本の表紙見せ2面モデルは、ワンサイズ(幅48cm)で、コンパクト&低価格の絵本棚です。
2モデルの絵本棚をご用意しておりますので、是非ごらんください。
表紙が見える絵本棚シリーズはこちら>>

久保さん

久保浩志(しおまち書房)
1967年広島生まれ。大学時代に出版サークルに入部したことをきっかけに、広告やデザイ ンの世界に興味を持ち、情報出版社と印刷会社に計20年勤務。2013年より制作事務所「しおまち書房」として独立。「えほんマルシェ」のブランドで、中古絵本のセレクト販売も手がける。http://shiomachi.com/



今月の絵本プレゼントのコーナー♪

紹介した絵本をプレゼントいたします! 応募いただいた方から抽選で1名様に、当コラムで紹介した絵本をプレゼントいたします。 詳しくは下記詳細をご覧ください。

※今回ご紹介した『ふうとはなと たんぽぽ』は新品の絵本です。

[今回のプレゼント内容]

プレゼント商品:『ふうとはなと たんぽぽ』(新品)
当選者数  :1名様
応募期間  :〜3月末日まで

[応募条件]

コラムを読んで応募するだけ!

[応募方法]

下記左ボタンよりお問い合わせフォームに、絵本のタイトル、お客様のお名前、メールアドレス、郵便番号、ご住所、お電話番号をご記入し、送信してください。

[当選の発表及び当選した後の流れ]

当選された方には締め切り日の翌月中に「人と木」より当選メールをお送りし、ご記入の住所へ「プレゼントの絵本」を発送させていただきます。

会員様